わたしがどう思うか。

2017/05.10



多かれ少なかれ
社会で生きている以上は、
周りと程よく歩調を合わせ、出来れば良い人でありたいと思うのが
ごく一般的な感覚なのかな、と思うのね。

自然体でそれが出来ていれば、それはそれで良いこと。

ただ、本心はそこにないのに、


「●●ねばならない」
「こうあるべき」
「普通はこう。みんなこうしてる。」
「良い人に見られたい、うらやましいと思われたい」


って思っちゃうと、ちょっと危険な気がする。

軸をここに持ってくると、実はすごく楽なんだよね。
判断基準がマニュアルだから。
自分の基準を考えなくていいから。



だけども、それがかえって自分で自分をつまらなくしていると思うわけ。

物事を


世間一般的に正しいか。
常識的に考えてどうか。
良い人に見られるか。


ではなくて

自分がどう思うか。
自分の感覚で、気持ちいいか、気持ちわるいか。

に焦点を当ててみる。

例えば、詐欺師とかいうのは私にとっては「気持ち悪い」しかなくて。


「よくそんな思考できるね、クズだね。

きっも。生きててもいいけど、出来れば死んで?」

 

って感じ。

詐欺師的な商売をしている人のことを「楽して稼げていいなぁ」とか
「キラキラしている」とか羨ましがる人いるけど
そういう人たちも気持ち悪い。


ブランドだって、皆が評価しててもダサいと思うものはダサいし、
信じられないものは信じなくていいと思うし、
嫌いなやつは嫌いでいいし、
好きな人には好きと伝えればいいし、
自分基準で物事を判断すれば良いんだと思ってる。

そのうえで起こった結果すら、楽しめば良くて。人を傷付けるのはダメだけど。
起こった結果の責任は自分だもの。

人と比べてどうこう、なんて
本当に無意味なことだと思うのですよね。

まあ比べちゃうのは仕方ないこと。人間だもの。(byみつを)

比べちゃったうえで、
刺激を受けることは大変よいことで、
それをきっかけに自分のスイッチが入ったりするかもしれないし。

でも比べた後、自己嫌悪に陥ったり、自信を無くしたり、
卑屈になるのがもったいない。

違って当たり前。
生きてきた背景が違うんだから。

「あの人と私は違うんだな、そうよだな。」って一回受け止めたらいい。

それ以上でも、それ以下でもないの。
「違う」っていう事実を認識する。
それでも、好きなら一緒に居たらいいし、
嫌いなら離れたらいいだけの話。

攻撃や批判もする必要なし。

自分の感覚と違うなぁ、と思えば
そっと扉を閉めればいいのです(笑)

人の目や評価を気にして
自分の感覚がわからなくなっちゃうのは
すごくもったいないなぁと思うよね。

カテゴリー一覧


最近の投稿


レシピ-タグ