一回手放してみる。

2017/05.10

手放すって、実はとっても勇気のいること。

だって、一生懸命やって積み上げて来たもの、
やっと手に入れたと思ったものを 手放すなんて、
もったいないじゃんって思うよね。怖いよね。

****

私が会社員時代に、 「超出来る男!!」って
心底尊敬していた男性(年下だけど先輩)が居まして。
彼と一緒に仕事したことがあるのですが、
クライアント先での彼のプレゼン力に圧倒されて、
自分もそうなりたい~~!とずいぶん刺激を受けたものでした。


その彼が、会社を辞めて なんと地方の企業さんと縁あって、
そちらに居を移して 自分ひとりで仕事をすることにしたみたいです。
だって、 会社員時代、その彼は若くして部長までなって
(何度も言いますが 私より年下です)

これから先も安泰だったはずなのに。

仕事だってバリバリだし、フィールドに不足はなかったように 見えてました。
少なくとも私には。

退社の理由を聞いたら
「会社という看板を外して自分ひとりの実力で戦ったとき、
自分の価値はどのくらいまで通用するんだろう。
どこまで必要とされるんだろう。
年収とかは激減するけどチャレンジしたくなった」んだって。


なんかさ。 わかる。
めちゃ共感しちゃった。


人生一度きり。

私も会社員を辞めて、なんのコネも、保証も、計画もなく、
(今にして思えば計画無いのはヤバいだろ(笑))
スマキチで独立した時も同じように思ったのを思い出しました。
なんていうか、


「やりたいからやる!」

「私が先生として、どこまで人を楽しませることが出来るか見てみたい」


って思ったんだった。
根拠はない!あるのは気持ちだけ(笑)!!!
なんて無謀・・・(だから最初は当然のように超苦労した)



当然、彼は私以上に実力あるから無謀なんてことはなく、
きっと私よりいろんなことを考えたうえでの決断だと思う。
家族がありながらのこんな潔さも、 きっと彼自身に自信があるから。
奥さんも信じているんだろうな~。

今回、彼の決断で大事なことを思い出させていただきました。

どうもありがとう!
そして新天地での活躍、期待と応援してます。
頑張ってください~~!


私で何か力になれることがあるとすれば、何でもする用意はあります!



さて。 ここまで一大決心じゃなくても、
決断するときって、どんな人でも、どんなタイミングでもあると思うの。
自分の信じた道を突き進んだつもりでも、
その場所やモノに「熱中」じゃなく、「執着」している自分に気づいたら
それはもう手放したほうが良いサインってこと。

あと、目的が「お金を稼ぐこと」1点になっていたら、
それはきっと長続きしない。


かねたろう だよ(笑)
かねたろう


どんどんさぁ!

 

どんどん稼いで、

 

どんどんどんどん!!!


仕事でも人間関係でもね。
自分から手放さなくても、自然に離れていくことなんて よくあること。
それは、その時期が来たということなんだよね。

一度全部手放してみて、 それでも残ったものが
次の自分のステージであり、 アイテムであり、ってことなんじゃないかな。


何も手放したくなくて抱え込んでいたら、いつの間にか腕の中で腐ってた・・・なんて人や、
キャパ以上に抱え込むことで、大切なものを失う人、
何も手放せなくて、だからこそ何も得られなくていつまで経っても同じ場所にいる、

っていう人もたくさん居るよ。


そこにそのまま居たいならそれでもいいけど、
「執着」と思ったら、さっと手放したらいいんだよ。
「自分ばっかり良くなりたい」ではなく、
人の縁を大事にして情報やお金の循環を良くする。

これって超大事だと思うな~。

カテゴリー一覧


最近の投稿


レシピ-タグ